切なさ、ひきかえに。

♡カッコいいのに可愛くてズルい帝王薮さま♡

ベストアルバムとJUMPへの思い徒然

今回のベストアルバムについてどう思われますか?

私は素直に嬉しいです!大好きなグループHey!Say!JUMPが10周年という節目の年にメモリアルアルバムを出せるのですから。
ほんの3,4年前まで10周年なんてまだ他人事みたいで、はたして無事迎えられるのかなぁと思っていたし、去年からいろんなところでお祝いムードが高まっていて事務所やレーベルが力を入れてくれてるのもわかるし、それが本当に嬉しいし感謝でしかないんだけど、どうも今回のベストアルバムには否定的な意見を持つ人が多いように思えるのが残念でなりません。

私が見かけた中で一番多くて面白いなぁと思ったのは「○○くんが歌っていない、映っていない昔の曲に価値は無い」「○○くんの歌割りが少ない曲ばかりリクエストで選ばれていておかしい」とここ1,2年でご新規ホイホイされたファン同士でつぶやいているみなさんですが大丈夫でしょうか?JUMPのファン=○○のファンじゃないんだけどな 笑
自分たちの思いが反映されていないからとベストアルバムに批判的なことつぶやいて、それは決してJUMPやあなたの大好きな○○くんのためにはならないんですよと老婆心ながら申し上げたい。
まぁ、こういった方々はほんの一部の特殊な意見を持つファンなのだと無視するにしても、とにかく「特典が少ない」って意見が山ほどあるのには正直ビックリしました。

そもそもベストアルバムに対して私は予想どおりでしたので不満なんてありません。
yabunbun.hateblo.jp
特典少ないって言うけど、これまでのシングルに全MV付けてのベストですよ!結構な大盤振る舞いだと思います。
ファンからのリクエストも反映されて、初音源化される曲だって収録されました。ボーナストラックだってあります。それでも不満だと?
もうみんな欲張りすぎ!

中でも10周年の座談会?を望んでいる方が多くて本当に驚きましたが、座談会なんてあの嵐ですらやっていないよ。彼らは15周年を迎えて初めて自分たちが歩んできた道のりを振り返りました。まだまだ発展途上のJUMPくんが振り返るにはまだ早いのではと思います。

メンバーだって言っているよね「10周年はあくまで通過点」だと。
通過点を無事に過ぎてから何年後かに機会があれば振り返ってほしい。私はそんな気持ちです。

これまでの話はいろんな$誌などで語り尽くされているし、それを映像で見たいかと言われたらそれなりに彼らの歴史を知る者としては正直しんどいです。紙面で語られることと本人の口から語られる言葉の重みは全く違いますから。
また紙媒体だから良いこともそうでないことも彼らは話してくれるけど、映像で残るとなったら本当のことなんてどのくらい語ってくれるのでしょう。たぶん上っ面だけのペラッペラな内容のものになってしまうのではないかしら。

もしいつか特典として付けてくれるのなら、私は座談会ではなくメンバー個々を追ったドキュメンタリーを望みます。
私は嵐ファンでもあるので彼らを引き合いに出して恐縮ですが、彼らの15周年にハワイで行われたコンサートDVDの特典が舞台裏のドキュメンタリーでした。メンバー1人ひとりにカメラがついていて15周年コンサートに臨む意気込みやデビュー当時を回想したりこれからの目標を語ったり。とても感動したし素敵な内容だったので、今よりもう少し大人になったJUMPからの言葉が聞けたらと思っています。

ところでベストアルバムって節目のお祝い記念品みたいなものだけど、実は新しいファン層を取り込んでいく良い機会だと思っているんです。
JUMPに興味はある、気になっているけれど…とこれまでCDの購入は躊躇っていた人もベスト盤ならと気軽に手にしてもらえるいいチャンスですよね。ファン予備軍の方々にJUMPをもっともっと知って欲しい!もっともっと売れて欲しい!

薮くんがインタビューで語っていたように何年後かには「またJUMP?もういいよ」と言われるくらいTVに出る等の活躍をして欲しいのです。
ベストアルバムの発売は新しい層のファンを獲得しHey!Say!JUMPがさらに飛躍できる絶好の機会と私は捉えています。

再び嵐の話になりますが、彼らのベストアルバムはJUMPと同じく10周年を迎えた2009年に発売されました。このアルバムは3週目でミリオンを達成し、累計ではダブルミリオンに近い枚数を売り上げてます。
彼らの凄いところは10周年過ぎた後もさらに人気が出続けたことです。これは前述したように、それまでは嵐に興味を持ってたけどCDを買うまで出なかった層が10周年をきっかけにベストアルバムを買いそのままファンになっていったことが大きな要因だと思います。
JUMPも10周年ではなく、その先にピークを迎え、それを維持していけることを私は期待しています。

ファンの中にはこれ以上売れなくていいという意見の人もいるけど、人気が出て、売れて、実績作らない限り彼らの活動範囲が広がることはありません。反対に売れれば何だって出来る。彼らが望む仕事が自然と舞い込み、多く露出することで私たちはいつだってJUMPの活躍を目にすることが出来るし、コンサートで直接彼らに会いに行ける回数だって増えるはずです。

今JUMPは恵まれているでしょ?ずっとこのままでいて欲しいよね。現状から後退させたくないでしょ?私は絶対に嫌!あんなにツラい時期に戻りたくないもん。
芸能界なんて売れないと冷たいし惨めなだけよ。

だからね、文句言う前にベストアルバムちゃんと買ってファンも売り上げに貢献しなくちゃ!実績作らなくちゃ!
ファンが熱心だと事務所もレーベルもいい方に動いてくれるもんですよ。
CDが売れなくなったこの時代にミリオンは難しいけれど、これまでのアルバム売り上げ枚数を少しでも更新させてあげたいな。

10周年、まずはそれがファンからのご祝儀だと思うのです。